現役産後骨盤矯正
携わる先生たちが回答!!

「骨盤矯正」と「産後骨盤矯正」の違いは?

【骨盤矯正】とは日常生活で足を組んだり、正座を崩したいわゆる
「お姉さん座り」をしたり、ぎっくり腰や慢性腰痛、
さらには婦人科系疾患や内臓疾患、スポーツや怪我の後遺症など、
さまざまな原因により歪んだ骨盤を正しい位置に戻すということです。

人間誰にも多少なりとも歪みはあります。前後左右の筋肉を均等に使うことは難しいです。

その人の生活のクセ…例えば、同じ足を上に組んだり、カバンを同じ側で持ったり、座る時に坐骨ではなくお尻で座る、背もたれに寄りかかって座る、授乳やおむつ替えの時には猫背になっている、など多々あります。

些細な歪みであれば、眠っている間にそれがリセットされています。

日常のクセによって歪んだ骨盤の上下・左右・回旋や仙骨のズレを治したり、筋肉をほぐして本来の骨盤のあるべき位置に戻す、というのが【骨盤矯正】です。

大体1ヶ月に一度を目安に矯正すると良いと言われています。

産後骨盤矯正とは?

一方、【産後骨盤矯正】とは、妊娠や出産に伴う骨盤の開きを正す矯正です。

妊娠してしばらくすると、女性ホルモン(靭帯を弛緩させる「リラキシン」というホルモン)が出始めて、妊娠5~6ヶ月頃くらいになると子宮が小骨盤から大きくせり出して骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。

出産時の陣痛が始まると、大量のリラキシンが体内に放出され、骨盤のみならず全身の靭帯が弛緩し、赤ちゃんが産道を通りやすくします。

子の時に骨盤下部が大きく広がり、本来逆三角形である骨盤が四角になります。
その結果骨盤が大きくなり、余分な肉がつきやすく、体型が変わります。

帝王切開なら骨盤上部が主に広がり、普通分娩なら骨盤の上部下部両方が広がります。
その、出産により開いた骨盤を閉じるための産後専門の骨盤矯正を行います。

骨盤の開きを元に戻すためには、産後骨盤矯正に加え、体操も必要です。
産後の骨盤の開きは、骨盤の「骨」の問題というより、骨盤周りの筋肉の問題なのです。

骨盤矯正で骨盤の歪みは解消出来ますが、産後の骨盤矯正で気になる骨盤の「開き」の解消は、本人の些細なケアも必要になってきます。

産後骨盤矯正について知っておくべき知識

専門家への質問と回答をチェック!

早速質問してみよう!あなたの質問が、他の方にも役に経ちます!

信頼できるこんな先生方がズバッと回答!

現在、産後骨盤矯正に携わっている本物の治療院の方々です。
他にも全国の整体院、整骨院の先生方がたくさんいらっしゃいますので様々なアドバイスを受ける事ができます。

地図で専門家を探す

産後骨盤矯正についてのご相談ができる全国の専門家を簡単に検索できます。
直接質問したり、ご連絡する事も可能です。

北海道・東北

  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 岩手県
  • 福島県
  • 秋田県
  • 青森県

関東

  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 栃木県
  • 神奈川県
  • 群馬県
  • 茨城県

中部

  • 富山県(1)
  • 山梨県
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 新潟県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 静岡県

近畿

  • 三重県
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 和歌山県
  • 大阪府
  • 奈良県
  • 滋賀県

中国・四国

  • 山口県
  • 岡山県
  • 島根県
  • 広島県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 高知県
  • 鳥取県

九州・沖縄

  • 佐賀県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 沖縄県
  • 熊本県
  • 福岡県
  • 長崎県
  • 鹿児島県