ガードルタイプの産後ベルト

これはその名の通り、ガードルタイプの産後ベルトです。

ベルトタイプの産後ベルトほどの骨盤強制力はないかもしれませんが、普段着の下に履けるので、
普段の日常生活に無理なく骨盤矯正を取り入れることができる、というメリットがあります。

また、腰からお尻、そしてももにかけて引き締めをしてくれるものが多く、お腹周り、腰回り、
そして太ももまで広い範囲で矯正してくれるといったメリットもあります。

このタイプの産後ベルトは、お産直後には使わない方が良いです。
早くて産後1ヶ月から、中には産後3ヶ月から使用可、というものもあります。

・シェイプマミーガードル
ワコールから販売されているシェイプマミーガードルは、人気の産後用ガードルです。
産後すぐには使わない方が良く、産後1ヶ月から使用できます。
ただし、骨盤矯正というよりは、ヒップ、ウエスト、太ももの締め付けがメインのリフォームガードルです。

・骨盤Wウエストガードル
ベルトつき骨盤美腹ガードルは、全体がメッシュタイプのパワーネットと幅広タイプの骨盤ベルトで
ダブルの引き締め効果が期待できるガードルです。
メッシュ素材で蒸れにくいので、かゆくなりません。
産後1ヶ月以上経った人が使用できます。

・産後用クロスウォーカー
履いて、歩いて、体脂肪を減らすワコールの人気インナー「クロスウォーカー」の産後用です。
通常のものよりハイウエストになっています。
ただし、ウエストの部分が丸まりやすいという口コミも多いです。
産後3ヶ月くらいから使用できます。

・ビューティーシルエット
骨盤ガードル、ビューティーシルエットなら履くだけの手軽さに加えて伸縮性もバッチリです。
6つの編み込み一体型ベルト(骨盤Wベルト、背筋仙骨ベルト、ヒップアップベルト、下腹ベルト、
股関節ベルト、太もも隙間ベルト)で下半身の悩みをすべてカバーしてくれます。
産後3ヶ月くらいから使用できます。

骨盤矯正ガードルを選ぶ際の注意点としては、ウエストとお腹をすっぽり包み込むものが良いです。
そうすると、ウエストを高い位置にキープすることができ、腰の負担も軽減されます。

骨盤ウォーカーベルト