産後すぐの骨盤ベルトについて

産院の先生や助産師さんから、産後はすぐ骨盤ベルトをした方が良いと言われることが多いと思います。
例えば、トコちゃんベルトなどの骨盤ベルトがあります。

普段しっかりと固く支えられていた骨盤が、出産に向け、ホルモンの影響や赤ちゃんが産道を
広げていくために緩んできます。
そして、骨盤が緩むことで身体がしっかり支えられなくなるので、その周りの腰や股関節の筋肉が一生懸命
それを支えようとします。
その結果、骨盤周りの筋肉疲労や骨盤の歪みが発生し、産前・産後の腰痛や股関節痛、恥骨痛などの
主な原因となります。

こういうこともあり、産後だけでなく、産前の妊婦さんにも骨盤ベルトをつけて、緩んだ骨盤を
安定させるように産科の先生達はお勧めしているのです。

トコちゃんベルトは産後すぐからつけても大丈夫と助産師さんは言っています。
骨盤が不安定になっているため、歩行も困難になってしまうので、骨盤をしっかり締めておくことで
歩行が楽になったり、赤ちゃんを抱っこして立っている時に安定はしやすくなります。

しかし、産後1ヶ月はあまり外にも出ないため(2人目以上だと外に出ざるを得ない人も多いとは思いますが)、
実際に骨盤ベルトをつけて歩行したり、動き回るのは産後1ヶ月後からになると思います。

そして、本当に骨盤ベルトが必要なのは産後2ヶ月までで、それ以降し続けることはお勧めしません。
なぜなら、骨盤ベルトに頼ると自分でしっかりと骨盤を支え、安定させる筋力がつかなくなってしまうからです。

骨盤ベルトの役割は、骨盤が緩んだ状態のままでは身体の支えが弱く、まともに動くこともままならない、
無理をして骨盤の関節を傷める、ということがないように「身体を支える」ことです。

トコちゃんベルトなどの骨盤ベルトは、骨盤の緩みや歪みは改善出来ても、出産で開いた骨盤を閉めるのに
使える、ということではありません。

産後2ヶ月以上は、骨盤周りを整体師の施術などで健康的な状態にしたり、自分でストレッチや軽い筋トレなどの
セルフケアをし、自力で骨盤を支えられるようにしていくことが大切です。

骨盤ウォーカーベルト