産後の骨盤矯正とは

産後の骨盤矯正には2種類あります。

1)骨盤を矯正して姿勢を正す産後の骨盤矯正
これは妊娠中にお腹がせり出して、骨盤が前にいってしまい、反り腰になってしまっている状態を
元の正しい姿勢(緩やかなS字カーブを描く姿勢)に戻すものです。

2)開いた骨盤を閉じる産後の骨盤矯正
これは、骨盤を閉じることによって、四角くなっていた骨盤を逆三角形の形に戻すことによって
体型を戻していくものです。

1)については、生活習慣で歪んでしまう骨盤は、産後になると妊娠から出産に伴うリラキシンの影響で
歪んでしまった骨盤を矯正しやすくなるだけのことです。
つまり、骨盤が緩んでいる産後は、骨盤の歪みを矯正しやすい、ということです。

しかし、骨盤はその人の日常のクセなどですぐ戻りやすいので、何度も整体に通うことになります。

2)については、赤ちゃんが産道を通る時に開いた骨盤を元の位置に戻す産後骨盤矯正です。
つまり、骨盤が開くことによって大きくなったお尻を小さくしよう、というものです。

骨盤が閉じた後は、次の妊娠出産まで骨盤が開くことはありません。

もちろん、どちらも大事なことなのですが、産後の骨盤矯正で姿勢を直して欲しいのか、開いた骨盤を
閉じて欲しいのかの目的によって、整体院もよく見極める必要があります。

出産後に骨盤体操や骨盤ダイエットなど、さまざまな方法で産後の体型を元に戻そうと頑張っても、
肝心の骨盤が開いたままでは体重は戻っても体型までは戻りません。

産後に太らなかったと喜んでいても、将来的に太りやすい骨格になってしまいます。

特に、2人目、3人目、と産んでいくとどんどん骨盤は開き、ひどい人は子宮脱などの臓器脱になる人もいます。
老後は骨盤底が緩くなりやすく、尿漏れなどのリスクが高まります。

ですので、産後の骨盤矯正をすることで、姿勢をこの機会に正して、腰痛などを防ぐチャンスでもあり、
同時に骨盤をきちんと閉じて骨盤を元の位置に戻してあげるチャンスでもあると言えます。

骨盤ウォーカーベルト