矯正下着と呼ばれる産後ベルト

これは、名前に「下着」とついていますが、実際の矯正下着と呼ばれる産後ベルトを調べてみると、
普段私達が着用している下着とは違って、ガードルタイプと同じ、もしくはもっと手軽なタイプの
産後ベルトとして位置づけられています。

腰やお尻、太ももにかけて全体的に矯正してくれるというメリットがあります。
また、ベルトタイプの産後ベルトやガードルタイプの産後ベルトと比べると効果は薄いけれど、
毎日の生活に取りこみやすいというメリットがあります。
ガードルだときつ過ぎるので苦手、という人でもお勧めできる骨盤矯正下着です。

着用するのは、お腹の大きさが落ち着いてくる(子宮が元に戻ってくる)時期からが良いと思います。

・ファイブスリミングショーツ
骨盤・ウエスト・腰・ヒップ・内ももの5か所同時に引き締められます。
24時間履いてもきつくなく、蒸れにくく、通気性も確保されています。

・キュートラインインナー
骨盤ベルトと違い、普通の下着として着用できるので、外出時の衣服にも影響を与えません。
骨盤矯正に加え、ヒップアップの効果もあります。
産後の骨盤の歪みにも効果があります。

・骨盤Vショーツ
一体型の骨盤ベルトの強力パワーネットで股関節をギュッと引き締めます。
履き心地がよく、お尻をすっぽり包み込みます。
お腹の部分には三重のパワーネットでポッコリお腹をしっかりサポートします。
ずり上がりの少ない裾は長めの一分丈です。
洋服の下に来ても薄いから気にならないメッシュタイプのパワーネットは、表にひびきにくく、どんなシーンで着用しても、隠したまま効果を発揮します。
帝王切開で出産された方は、骨盤やウエストの脂肪の引き締め効果があるもので、さらにお腹の傷に負荷のあまりかからない製品を選ぶことも大事です。

選び方としては、補正下着のちょうどよいサイズのものよりも少し大きめの補正下着を選ぶと良いです。
サイズが大きめだとお腹への負担も減ります。
または、サイズ調節ができるものも良いかもしれません。

骨盤ウォーカーベルト