骨盤の歪みチェック

骨盤の歪み、ねじれ、開き、傾きなどが、さまざまな症状の原因になると言われています。
自分の骨盤がどのような状態になっているか、自分でチェックしてみましょう。

必ずしも正確とは言えないかもしれませんが、以下のチェック法を試すだけである程度は自分の骨盤が
歪んでいるのか、開いているのかがわかりますので、やってみて下さい。

1)骨盤の歪みチェック法その1
・仰向けに寝て、両足を腰幅に開く
・左右の骨盤の一番高い所に親指を、床に中指をつけてその高さを比べる

正常な場合は左右の高さが同じになりますが、どちらかが高い場合は、低い方に骨盤がねじれている
可能性が高いです。
例えば、右側が高い場合は、左側に骨盤がねじれています。

2)骨盤の歪みチェック法その2
・背筋を伸ばして正座する
・肋骨の下に親指、骨盤の上に中指(人差し指でもOK)をあてて、その高さ(長さ)を比べる

正常な場合は高さ(長さ)が同じになりますが、どちらかが長い場合は骨盤が傾いている可能性が高くなります。
例えば、右側が長い場合は左側に傾いています。

3)骨盤の開きチェック法
・仰向けになって腹筋だけで起き上がってみる

正常な場合は腹筋だけで起き上がることが出来ますが、起き上がることが出来ない場合は腹筋力がかなり
低下していることが考えられます。
腹筋力が低下しているということは、腹筋で守られている骨盤が開き気味になり、内臓(大腸)が下垂し、
冷え性や肥満につながっていることが考えられます。

これらのチェック法で、ある程度は自分の骨盤が歪んでいるか、開いているかを知ることが出来ます。

また、他にも骨盤の歪みを確かめる方法はあります。

・まっすぐ立った状態を鏡で見て、肩の高さが違う
・足の長さが違う
・ネックレスがいつも同じ方法にズレる
・一方の靴のある部分(特に外側の部分)だけがいつもすり減る
・ウエストの「くびれ部分」の高さが左右で違う
・下半身が痩せにくい(お尻が大きい)

上記のような場合も、骨盤の歪み・ズレ・開きが原因の場合が多いです。

これらの歪みチェックはあくまでも目安です。
自分の骨盤が歪んでいるかな?と気になる人は専門的なところで診てもらうようにしましょう。

骨盤ウォーカーベルト